仕事と家庭の両立など社員を応援する長野県の企業を紹介

有限会社フランセ板屋

長期の人材育成を可能にするために導入へ

 長野県伊那市にあるフランセ板屋。明治20年創業、百年以上の歴史を持つ老舗の洋菓子屋。2012年には隣にカフェをオープンし、いれたてのコーヒーとおいしいケーキが食べられると評判のお店。今回お話を伺ったのは5代目社長の福沢氏(写真)。

職人の育成に活用

furanse1 短時間正社員制度は、長野県の仕事と家庭の両立支援事業で初めて知ることとなった。洋菓子作りの仕事は、専門性と経験がとても大切で、技能を身につけて一人前になるのに長い年月が必要となる。これは、多くの職種にも当てはまることだが、地元密着型の老舗の菓子屋ともなると、専門性、経験、技能の他に、その店の「味」を覚えるには時間がかかり、長期間に働き続けてもらうことがとても重要となってくる。今回短時間正社員制度の導入を決めた一番の理由はここにある。
 洋菓子の職人になるためにはとにかく経験が必要であり、この会社と決めた企業で働き続けられることが大前提になければならない。長い人生の中で、ライフイベントはたくさんある。子育て、介護、病気などのたびに仕事を変えることは、個人リスクも大きいうえ、企業にもメリットがない。
 取材時点ではこの制度を使っている社員はいなかったが、子育てだけではなく、家族の介護や自身の病気などの事情があっても、可能な限り勤め続けられる環境づくりが会社との信頼関係につながっていると言う。社員に対して「人を大切にしたい」その気持ちを伝えたかったと語っていた。

人材の定着に生かす

furanse2 短時間正社員制度は、人材を定着させるための効果も高い。人はいるが、人材がいない、育たない、といった問題は専門性が高い業種ほど人材の不足が深刻化している。事情によりフルタイムで働くことができなくなった社員が、一定の期間を短時間正社員として働くことにより、優秀な人材の流出を防ぐことができる。そして、働き続けることが同社のように人材の育成につながる。

社名 有限会社フランセ板屋
事業内容 小売業
住所 長野県伊那市山寺1982

お気軽にお問い合わせください TEL 026-235-7118 長野県 産業労働部 労働雇用課受付時間 8:30 - 17:15 [ 土・日・祝日除く ]

PAGETOP
Copyright © 長野県 All Rights Reserved.