仕事と家庭の両立など社員を応援する長野県の企業を紹介

株式会社オフィスP’dj

安心できる職場だから創造が生まれる

 塩尻市市民交流センターにオフィスを構えるホームページ制作会社、株式会社オフィスP’djは20代、30代の女性社員が多く在籍し、活躍している元気な企業。
 ホームページ制作という業務の特性から、同社の提供している物のクオリティが、一人ひとりの能力とモチベーションに依存している。ターゲットが女性というホームページも多数手がけていく中で、女性のチカラが不可欠だと代表の吉村氏は言う。そして、女性に限らず個人の能力や可能性を引き出し、感性を生かして力が発揮できる職場づくりを常に心掛けている。

産後の復職を確実に

officepdj 同社にとって、豊かな感性を持つデザイナー、優秀なエンジニアを失うことは、組織としての推進力を低下させることに直結する。
 現在、30代の女性社員が育児休業を取得中で、休業期間が終われば職場復帰する予定だ。育児介護休業法ではカバーできないことがあっても、短時間正社員制度を導入し、有効に活用できる環境と、良い風土があれば仕事を辞めずに働き続けることが確実に可能になっていくだろう。この仕事が好きでがんばって働いている社員に対して、働き続ける環境を整えて、仕事も子育ても両立できる職場にしていかなければ、事業の継続性を考えても厳しいものとなるだろう。そう考え、2014年に短時間正社員制度の導入を決めた。
 導入にあたって具体的な実務を担当したのが、現在育児休業中の女性社員だ。社会保険労務士との打ち合わせや書類の手配などを行った。実際に産休、育休を取得する本人が制度設計に関わることで、他者のための制度導入でなく、自分たちが使いやすく、安心感を得られるものになり、実用的なものになると会社が判断をして任せたのだ。

将来への安心感

 「彼女が復帰してきたら次は私かな?」女性社員たちの間で冗談混じりの話をしている。安心感が存在している職場だからこそできる会話だ。また、この職場には「お互いさま」という考え方が根底にある。
 働き続けられる環境は制度だけではなく、社員の一人ひとりが、子育てや介護は「困ったときはお互いさま」と思っていなければ成立しない。そして、経営者と社員との信頼関係が、この環境を作り出している。個々の感性とそれぞれの能力を発揮できる職場だからこそ、自由な発想と創造を生み出していけるのだろう。

社名 株式会社オフィスP’dj
事業内容 WEBシステム開発及びWEBサイト構築業務
住所 長野県塩尻市大門一番町12-2塩尻市市民交流センター503

お気軽にお問い合わせください TEL 026-235-7118 長野県 産業労働部 労働雇用課受付時間 8:30 - 17:15 [ 土・日・祝日除く ]

PAGETOP
Copyright © 長野県 All Rights Reserved.