仕事と家庭の両立など社員を応援する長野県の企業を紹介

株式会社サイトー

変わりゆく業務に適した労務管理

 長野県東御市で、持続型資源循環社会の構築を目指し、事業を展開している株式会社サイトー。燃やす「処理処分業」から「リサイクル事業」へ事業の転換を図り、さまざまな取り組みを進めている。今回お話を伺ったのは社長の齋藤氏(写真)
 「短時間正社員制度や育休後の女性の働き方など、最近テレビでも取り上げられていますよね。」と働き方についてもアンテナが高い。2014年の夏には社長にお子さんが生まれ、子育てがどれほど大変で、大切なのか身をもって体験している。
 長野県の推進員が訪問した時期、就業規則の見直しを行っており、自社の職場に必要となると理解し、短時間正社員制度も盛り込み、就業規則の改訂をすることとなった。

事業変化に組織も対応

saito 時代とともに環境問題への関心が高まり、廃棄物処理の業界においても処分・処理の方法や手続きが年々複雑になってきている。提出書類も多くなり、複雑化し、自社の取り組みも多岐にわたるため、事業のオペレーション自体が変化してきている。この状況を考えると、必ず働き方も変えて行かなければ弊害が生まれるという。まだ、具体的にはなっていないが、テレビの特集を見るだけでも、時代にあった働き方、仕組みを考え、頑張って働く人を応援したいと思っているという。

採用にも工夫が必要

 少子化から労働人口が年々少なくなってきている中、業種的に人材の確保は、ますます難しくなっていくと考えている。そういう観点からも、他の業種業態の上をいく労働環境を整えることを経営者側が考えなければならないと感じている。現在、事務員を募集しているが、短時間正社員としての雇用も考えている。子育て中は、フルタイムの勤務は難しいと思うが、短時間正社員制度を利用して頑張ってもらい、一段落したらフルタイム正社員に切り替え、さらに戦力になってもらいたいという思いがある。部門によってはまだ難しいが、今後を見据え、仕組みを考え移行できるように心がけたい。
 親の介護は、直面しないと現実のものとして捉えにくいが、必ずやってくる。団塊の世代の子供である自分たちは、きっと今より厳しくなるだろう。施設が足りない、在宅介護を余儀なくされる、個々の負担が大きいなど、問題が多いのではないだろうか。そんな時に、短い時間で働ける正社員の道筋があるのは安心だ。短時間正社員という働き方の選択肢は時代に沿っている点で、選ばれていくと思う。

社名 株式会社サイトー
事業内容 産業廃棄物収集運搬
住所 長野県東御市新張奈良原2087

お気軽にお問い合わせください TEL 026-235-7118 長野県 産業労働部 労働雇用課受付時間 8:30 - 17:15 [ 土・日・祝日除く ]

PAGETOP
Copyright © 長野県 All Rights Reserved.